..................................................................................................................................................................................................................................



動物愛護・福祉への取り組み

    日精バイリス株式会社滋賀研究所は、実験動物として生産されたマウス、ラット、モルモット、ウサギ、フェレット、イヌ、サル、ブタを使用して非臨床試験を行っています。 私たちは3Rの原則を遵守し、これら実験動物を「日精バイリス動物実験規程」に則って適正に使用しております。
    動物実験実施時には「動物実験計画書」を、動物実験終了時には「動物実験実施報告書」をそれぞれ提出し、「動物実験委員会」の審査、確認、助言を経て、 機関長の承認を得ることを義務付けています。また、施設・設備は、年1回の自己点検・評価で問題点の洗い出しを行い、よりよい動物実験施設を目指して努力しております。 これらの取り組みは、公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の動物実験実施施設認証センターから「厚生労働省の所轄する実施期間における 動物実験等の実施に関する基本指針」に適合した施設であると2016年6月に認定されています。
    今後も「各種関係法令」及び「日精バイリス動物実験規程」に従い、動物愛護に対する高い倫理観を維持・実践するように努力し、適正な試験の実施を心がけます。