安全性試験安全性薬理試験薬効薬理試験TK/PK試験品質・規格試験

 医薬品等の有効性や生体の各機能への影響(副作用等)を評価するのが薬理研究部門です。各研究室には専門の研究員が配置され細やかな神経と明晰な判断力で合理的に試験を進め、中枢神経系、呼吸・循環器系、自律神経系、消化器系、腎機能、血液等にもたらす影響を考察します。
 非臨床試験において薬理研究は、活用性の高いクリアーなデータの提供を要求されます。近年、安全性薬理試験や薬効評価の受託施設が増えてきましたが、当研究部はその先駆けとして25年以上の歴史を持ち、豊富な経験とデータの蓄積を生かした報告で信頼を得てきました。
 今後は、安全性薬理試験はもとより、行動薬理学、電気生理学、生化学的手法を駆使し、in vitro あるいは各種モデル動物等を用いた薬効評価系を一層充実させます。

安全性薬理コアバッテリー試験
中枢神経系に関わる試験 FOB法、Irwin法 マウス、ラット
心血管系に関わる試験 モルモット乳頭筋活動電位
hERG電流
テレメトリー
APD
CHO-K1細胞
イヌ、サル
呼吸系に関わる試験 ヘモグロビン酸素飽和濃度
Whole Body Plethysmograph法
ラット、イヌ、サル
ラット

フォローアップ試験
心血管系 単相性活動電位(MAP)試験、ウサギカールソンモデル(QT延長評価)

補足的安全性薬理試験
一般薬理試験A,B項目対応 一般症状及び行動に及ぼす影響
中枢神経系に及ぼす影響
自律神経系及び平滑筋に及ぼす影響
呼吸・循環器系に及ぼす影響
消化器系に及ぼす影響
水及び電解質代謝に及ぼす影響
体性神経系に及ぼす影響
血液・凝固系に及ぼす影響
ご要望に対応

副次的薬理試験
一般薬理試験A,B項目対応 一般症状及び行動に及ぼす影響
中枢神経系に及ぼす影響
自律神経系及び平滑筋に及ぼす影響
呼吸・循環器系に及ぼす影響
消化器系に及ぼす影響
水及び電解質代謝に及ぼす影響
体性神経系に及ぼす影響
その他、血液・凝固系に及ぼす影響
ご要望に対応

文献